ホーム > 福祉関係者の皆様へ > 福祉関係者とのネットワーク

本会について 埼玉県社会福祉協議会についてご案内

福祉関係者とのネットワーク

 「毎日ルーティンワークでモチベーションが下がっちゃうよ...」

 「リーダーになったのは良いけど、業務も責任も負担で胃が痛い」

 「管理職とチームのメンバーの意見が合わない時、間の立場としてどうしてる?」

 「利用者の希望を叶えてあげたいけど、家族と意見が合わない。」 など...

こんな悩みを抱えていませんか?

介護職は、相談員やケアマネジャー等と違って、外に出て外部の方と繋がる機会というのはなかなか少ないですよね。

この研修では、次期リーダー候補者(介護職としての経験年数が通算3~5年程度)を対象に、施設全体や業務プロセス、チームワークを考えるワークショップを通して、リーダーとして"具体的な"行動をもって第一歩を踏み出すための研修です!

普段の業務で、自分自身を振り返ったり、同じ立場にある介護職員同士の接点が少ない方にピッタリの研修です。

この研修をきっかけに、施設種別を超えた仲間をつくりませんか?

〇1日目 (集合研修1)  ※下記①~④から1つお選びいただきます。

 ①10月4日(木) (さいたま市) 埼玉県県民健康センター 1階 大会議室C

 ②10月8日(月・祝) (熊谷市) さくらめいと 会議室2

 ③10月12日(金)  (川越市) 東上パールビルヂング  第五会議室

 ④10月30日(火)  (草加市) 草加市文化会館 会議室1

〇2日目 (施設見学) 

研修1日目の参加者で、グループ毎に見学施設を2ヶ所以上決め、

グループ全員〈5名程度〉で施設を訪問します。


〇3日目 (集合研修2) 

平成31年1月9日(水)  埼玉県農業共済会館 401A・B

1日目を受講していなくてもご参加いただけますので、ぜひお申込ください!

◆開催要領・申込書はこちら

◆会場地図はこちら

全国社会福祉協議会では、児童福祉の実践処遇の仕事に情熱をもやし、

自らの技術と専門性を高めるために積極的に研究活動に励む

保育士等職員の研究活動を奨励するための助成事業を実施します。


詳しくは、全国社会福祉協議会のホームページ(http://www.shakyo.or.jp/guide/shikin/sponsor/20180531_tsuru.html)をご覧ください。

福祉関係者の皆様へ

職場内研修応援事業 募集開始!

埼玉県社会福祉協議会では、社会福祉施設が実施する職場内研修に対し、研修経費の助成を行い、各施設における職場内研修の実施の促進と、施設職員の資質向上を図ることを目的に「社会福祉施設職場内応援事業」を実施しています。

1 対象施設

  埼玉県社会福祉協議会の正会員施設・事業所(市町村社協を除く)

  ※1法人につき1施設のみ助成対象とします。

  ※過去2年以内に助成を受けている法人は対象としません。

2 対象となる研修

  平成30年4月1日~平成31年2月28日までに実施予定の職場内研修

3 内 容

  職場内研修(会員施設で行う10名以上の研修)実施のための助成

   [助成対象経費]

   上限3万円(千円未満切り捨て)

   講師謝金(※)及び交通費、資料印刷代、施設利用料(他会場を利用する場合)等

    ※基準例(1時間当たり)・・・大学一般教授 9,500円、施設長 8,000円

4 申込締切

   平成30年5月31日(木)必着

 

5 申込方法等詳細

  (1)詳細は実施要領を必ずご確認ください⇒「募集要領」

  (2)申込時に提出する様式⇒「様式第1号・別紙1」

  (3)助成決定し、研修実施後に提出する報告書⇒「様式第2号・別紙2」及び

    請求書⇒「様式第3号・別紙3」

勤務年数1年未満の介護職員の方を対象に、講義及びグループワーク等を通じて、他施設の職員と楽しく交流を図ることを目的とした研修を開催します。

・覚えることがたくさんあって大変・・・みんなどうしてる?

・毎日とてもいそがしいけれど、ほかの施設ではどんなふうに働いている?

・職場での人間関係がうまくいかない・・・。など

普段、あまり関わる機会の少ない他の施設や事業所の方と悩みや想いを共有し、より広い視点で仕事を見つめ直す機会にしていただきたいと思います。

2日間で1回の研修となります。1日目は県内6地域で、2日目は東松山で毎年開催されるビッグイベント、日本スリーデーマーチに参加します。

ご参加お待ちしています!

◆開催要領はこちら

◆申込書はこちら

勤務年数1年以上3年未満の介護職員の方を対象に、講義及びグループワーク等を通じて、他施設の職員と楽しく交流を図ることを目的とした研修を開催します。実務経験1年未満対象の研修より一歩進んだ内容となっております。

・他の施設の人はどんな働き方をして、どんなことを思いながら仕事をしているのだろう?。

・仕事に対する考えが職場で食い違っていてストレスを感じる。

・職場での人間関係がうまくいかない・・・。など

普段、あまり関わる機会の少ない他の施設や事業所の方と悩みや想いを共有し、より広い視点で仕事を見つめ直す機会にしていただきたいと思います。

2日間で1回の研修となります。1日目は県内6地域で、2日目は東松山で毎年開催されるビッグイベント、日本スリーデーマーチに参加します。

ご参加お待ちしています!

◆開催要領はこちら

◆申込書はこちら

本会が発行している「保育所職員ハンドブック」は、これまで多くの保育施設職員にご利用いただいています。

平成30年4月、10年ぶりに「保育所保育指針」が改定されたことを受け、この度、見直しを行い、より充実した内容へと改訂いたしました。あわせて、書籍名を「保育所職員ハンドブック」から「保育施設職員ハンドブック」へ変更しています。

まだハンドブックをお持ちでない皆様はもとより、旧ハンドブックをすでにお持ちの皆様にもお勧めです。

サイズは、携帯に便利なハンディサイズ(A5版)で、見やすいオールカラーです。

→申込書はコチラから  ※ FAXにてお申し込みください。

☆ 掲載内容 ☆

1  保育者はすてきな仕事

2  社会人としての心得HB画像.jpg

3  健康・衛生

4  安全管理

5  発達障害

6  虐待の発見

7  子育て支援

8  職員の資質向上

9  保育所児童保育要録とは

10 行事・慣習

  関係機関一覧、保育所保育指針、

  認定こども園教育・保育要領 等

本会では、民間社会福祉施設等が行う、人材確保や人材育成を図る取り組み、施設サービスの向上を図る取り組みなどの支援を行っています。

1 施設の人材確保や職員の育成に向けた取り組み

① 民間社会福祉施設永年勤続職員海外派遣研修事業(松下福祉基金)

民間社会福祉施設職員国内視察研修事業(松下福祉基金)

③ 福祉人材養成研修の体系的な実施

2 福祉施設団体との連携強化に向けた取り組み

被災施設、事業所に対する災害復旧への助成事業(ひまわり基金)

このページに関するお問い合わせは

埼玉県社会福祉協議会 施設福祉部 施設業務課

TEL:048-822-1191 FAX:048-822-3078

ページ先頭へ戻る