本文へスキップ

      
        

令和2年度 第73回 共同募金運動が始まりました


 
令和2年度共同募金運動ポスター


 10月1日から共同募金運動を実施しています。
 今年度の運動は、「つながりをたやさない社会づくり」をテーマとして、コロナウイルスにより日常生活に困難を抱える子どもとその家族を支援する活動などに役立てられます。
 令和3年3月31日まで6か月間、運動を展開していますので、皆さまの温かいご支援とご協力をお願いします。

  令和2年度募金目標額・助成計画

  募金の方法

  税制上の優遇措置

  募金活動の報告

  よくあるご質問


  
 

令和2年度 募金目標額・助成計画(社会福祉法第119条公告)

 共同募金は、運動の前に県内の社会福祉施設や福祉団体からの助成申請を受け、
あらかじめ使いみちの計画(助成計画)と計画の実施に必要な募金の目標額を決めて
から募金を行います。

運動期間

  令和2年10月1日〜令和3年3月31日

目標額

     赤い羽根募金          6億8,200万円
     地域歳末たすけあい募金   3億1,687万5,000円
     NHK歳末たすけあい募金       2,200万円
       合   計       10億2,087万5,000円
 

助成計画

 (1)市町村社会福祉協議会が行なう地域の福祉活動に    3億3,500万円
 (2)歳末たすけあい支援事業に            2億9,469万3,000円
 (3)つながりをたやさない社会づくり支援事業に         3,000万円
 (4)福祉関係団体が行う福祉事業に               5,600万円
 (5)社会福祉施設の補修や備品の購入に       1億6,246万8,000円
 (6)県内の児童養護施設の子ども達の進学費用に         1,000万円
 (7)大規模災害に備える準備金に            3,062万6,000円
 (8)募金資材費や会の運営に             1億208万8,000円

       合   計               10億2,087万5,000円

助成の方法

  社会福祉法人埼玉県共同募金会助成方針に基づき、交付する。 

募金の方法

 金融機関からのお振込み、クレジットカードによる寄付、埼玉りそなポイント
 による寄付など、さまざまな方法で寄付を受付けています。
 くわしくは、
こちらから


税制上の優遇措置


 共同募金に対する寄付は、税制上の優遇措置の対象となっています。 
 くわしくは、
こちらから
  
  


活動報告

県内各地で実施した募金活動の様子はこちらから