本文へスキップ

      
        

共同募金とは



 共同募金運動のはじまり

  1947(昭和22)年、第1回の共同募金運動が全国的に展開されました(埼玉県は
 台風災害のため翌年から実施)。
  この運動が始まった背景には、戦禍による打撃がありました。戦前6,700余あった
 民間の社会福祉施設は、戦災などで3,000余に減少し、施設の運営は、物価の高騰
 などで苦しんでいました。加えて、新憲法(第89条)における公私分離の原則に
 より、民間の慈善活動に公金を充てられなくなりました。
  そこで、当時米国で行われていたコミュニティーチェスト(これを「共同募金」
 と訳した。)をヒントに民間資金を募金によって集める現在の募金運動が始まり
 ました。
  そして、70年が経とうとする今も社会が大きく変化する中で、その時代の地域
 の課題解に取り組む民間団体を支援する仕組みとして、また、住民のやさしさや思い
 やりを届ける住民全体の運動として、進めています。



 特徴

  共同募金運動は、「共同募金運動要綱」に基づいて行われています。 この要綱に
 ある日本の共同募金の特徴とも言える「原則」のもとに、運動が展開されています。


  民間運動・住民参加
   民間の地域福祉活動を財政面で積極的に支えるための住民参加による、民間の
  自主的な活動です。


 地域の支え合い
   都道府県の地域を単位として実施し、住民参加をより明確にするため、市区町村
  に支会を組織し、寄付金の募集とその区域内の地域福祉活動へ助成します。


  計画募金
   区域内で広く助成要望を受け付け、その助成要望額をもとに助成計画を作り、
  募金活動を実施します。
   そのため、毎年、目標額を定めています。


  第三者募金
   共同募金会が集まった募金を直接使って事業をすることはありません。
   区域内で寄付募集を行い、その寄付金を適正に助成することが、共同募金会の
  仕事です。
   この第三者募金の仕組みが、長年、寄付者から信託を受けてきた大きな信頼の
  もととなっています。


  公開性
   寄付者や募金ボランティアの信託に応え、世論の支持を得るため、募金計画や
  助成結果を積極的に公表しています。
   共同募金に対する信頼は、透明性を確保することで担保されています。



 共同募金の種類

 赤い羽根募金

  10月1日から3月31日までの6か月間、赤い羽根をシンボルに実施します。

  つかいみち
   一人暮らしの高齢者を見守る活動や、障がい者が働く事業所への支援、福祉施設
  の整備のほか、ボランティア育成や子どもたちへの福祉教育など、県内の身近な
  福祉活動に役立てられます。
  
   ※災害時には、災害ボランティアセンターの設置や運営など、被災地支援にも
    役立てられます。



 ■地域歳末たすけあい募金

   10月1日から12月31日までの3か月間実施します。

  つかいみち
   市町村を単位として、社会福祉協議会や民生委員・児童委員協議会と協力し、
  支援を必要とする人たちが、地域で安心して新たな年を迎えることができるよう、
  歳末福祉事業や慰問事業に役立てられます。


 NHK歳末たすけあい募金

  NHKとの共催により、12月1日から12月25日まで実施します。

  つかいみち
   心身に障がいのある方、支援を要する子どもたち、介護を必要とする高齢者など
  を支援する福祉活動に役立てられます。
   
   ※災害時には、災害ボランティアセンターの設置や運営など、被災地支援にも
    役立てられます。