事業・活動紹介

主な活動紹介

事業方針

埼玉県社会福祉法人経営者協議会は、福祉施設を経営する社会福祉法人を取り巻 く諸問題の解決を図るため、昭和58年(1983年)に設立。
社会福祉施設経営者が連絡 提携して、社会福祉施設の経営主体である社会福祉法人にかかわる基本的課題を調査し、かつ、その実践をはかり広く成果を関係者に供し、社会福祉の発展に寄与することを 目的としています。

全国社会福祉法人経営者協議会とともに福祉施設を経営している法人の適正運営と活性化を目指して各種事業を展開しております。

埼玉県社会福祉法人経営者協議会の活動

1 福祉施設経営の維持推進活動

全国社会福祉法人経営者協議会や埼玉県社会福祉協議会の予算対策活動と連携、社会福祉法人の運営基盤の確立と福祉施設の制度改善 や、経営の安定推進を図ります。

※会員法人に対する災害見舞も実施しています

2 制度改革への対応

 社会福祉法等制度改正に関する動向・情報を 把握し、各法人が適切に対応できるよう方策を 進めます。また、県社協にて設置している経営相 談室との連携を図り、法人の諸問題に対応してい ます。

(社会福祉法人制度改革、地域の公益的 な活動の推進等に関する施設で抱える課題の共有、情報収集等)

3 研修事業

 社会福祉法人制度改革、福祉人材の確保等、 社会福祉法人に関する現状と課題を把握し、社会福祉法人の経営者・管理者を対象とした研修を企画、実施しています。

4 調査研究活動

福祉人材の確保や定着をはじめ、法人の諸問題について調査、分析を行います。  

調査結果から、実際に効果の認められる事例等 を交えフィードバック研修を企画するなど、各法人の課題分析、今後の対応策の検討に寄与します。

5 組織強化活動

  • 会員拡大に向けた広報活動を実施しています。
  • 埼玉県が設置する災害福祉広域支援ネットワークへの参画及び災害時対応力の強化を図ります。

6 相談事業

福祉施設の適正で安心した経営と福祉施設を利用している方々のサービス向上を目指し、法人・社会福祉施設を円滑に運営するように、専門家による支援体制を整備し、社会福祉施設の運営全般の資質向上を目的とする事業です。

・相談無料。
・相談内容は次の通り

○社会福祉法人、施設や経営に関すること

○法律問題に関すること
○施設利用者の処遇に関すること
○労務管理や施設職員の処遇に関すること
○社会福祉法人や施設の会計・経理に関すること
○その他社会福祉施設の経営に関すること


・相談方法

電話相談、来所相談、訪問相談
詳しくは、埼玉県社会福祉協議会のホームページでも
ご案内しております。
http://www.fukushi-saitama.or.jp/

平成30年度 事業計画